利用規約

【前提とする言語と法令等】


EDiTuSはRSPの代表的なサービスです。
RSPの規約等(「原則」や「規約」など言い方は様々ですが、RSPのための決まりごと全てを指します)(以下、「本規約等」と言います)は日本語で書かれたものです。 本規約等の翻訳版と日本語版に乖離や相違がある場合、日本語版が優先されます。
現時点では、本規約等は日本の法律や条例・批准し発効している条約等の各種法令等を前提としています。
RSPには、様々な機能や関連サービスがありますが、本規約等はその全てへ適用されます。
最終更新日:2021年4月3日



【RSPの原則】

RSPは、消費者を中心とし、消費者が有益な情報を快適に共有し、消費者同士や消費者と提供者のより良好な繋がりを創出することを目的としています。 RSPは、消費者のより良好な生活に繋がる情報源となり、提供者が消費者の声に耳を傾け、消費者が気に入った提供者の支援者になれることを目標にしています。
この目的・目標を達成するため、RSPでは以下の様な原則を考えています。

1. 推奨し紹介する

自分のお気に入りやオススメを投稿し、その提供者を推奨し紹介しましょう。
自分の気に入らないこと等は、通常の投稿をするのではなく、RSP内の提供者にクレーム等を伝えるための機能で提供者に伝えましょう。
私たちは、RSPを、非難する場ではなく、推奨し合い紹介し合う場にしたいと考えています。

2. 情報管理

自分の投稿内容等が、各種法令等を遵守し、他人の権利や名誉等を侵害・毀損することのないものであるか、自分で十分に注意を払い、責任を持ちましょう。
私たちは、投稿内容が適切であるよう、注意し、また、注意喚起することを心がけます。

3. 法令遵守

あなたは、あなたに適用される法令等や公序良俗(以下、「法令等」と言います)を遵守する必要があります。法令等に違反する及び違反を助長等するような投稿やメッセージ送信等は控えましょう。
私たちは、法令等を遵守する姿勢でRSPを利用し、法令等に違反する行為を排除していきましょう。

4. 価値に応じた報酬

有益な情報を提供することは、価値ある行動だと考えています。そして、価値ある行動には報酬がもたらされると考えています。 したがって、有益な情報の投稿をした人には、相応の報酬が付与される仕組が良いことだ、と私たちは考えています。

5. 相互尊重

あなたのお気に入りやオススメが、一部の人には有益な情報ではない可能性があるのと同様に、あなたの気に入らないものやことを、気に入っていたりオススメする人もいるかもしれません。 しかし、それはその人の好み等であったり、あなたが気付かなかった価値に、その人が気付いた現れなのかもしれません。
私たちは、相互に投稿内容等を尊重しましょう。質問をすることは許されるかもしれませんが、非難することは止めましょう。

6. 信頼に応える

多くの人々が、あなたのお気に入りやオススメを、その対象へのあなたの正直な評価や感想だと考えます。それは、多くの人々があなたを信頼しているからです。
私たちは、その信頼に応えるよう、心がけることが求められています。

7. 自分自身

他者のふりをしたり他者との混同を誘発するような行為をしてはなりません。
私たちは、自分自身の行動として、自分の行動に責任を持ちます。

8. 礼儀正しく快適な場をつくる

RSPを快適な場とするため、暴力・犯罪・性・猥褻・差別・虚偽など他人を不快にする及び誤解させるような投稿等は控えましょう。
私たちは、礼儀正しく他者と接します。

【RSPで収集・活用される情報のポリシー】

RSPでは様々な情報が収集・活用されます。以下はその事例です。

1. 投稿やヒトコト

投稿やヒトコト(投稿に対するコメント)を投稿する際にはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示 4.0 国際)をRSP運営チーム((RSP運営チームにはRSPの運営に関する外部委託先も含まれます)以下、 単に「運営」と言います)に付与いただき、運営はそのライセンスに従って、投稿やヒトコトを活用します。

2. 位置や日時の情報

写真・動画に付帯並びにRSPアプリ及びブラウザ等で表示しているRSP(以下、単に「アプリ」と言います)が収集する位置や日時の情報を運営は活用しますが、その個人の許可無くその個人が特定できる形で、 RSP加盟店(以下、単に「加盟店」と言います)以外の外部に提供することはありません。

3. 登録情報

RSPに登録した情報(メールアドレス、ユーザー名、氏名、趣味、嗜好など登録したことのある全ての情報)を運営は活用しますが、その個人の許可無くその個人が特定できる形で、 加盟店を含め外部に提供することはありません。

4. 交流情報

他人の投稿等を評価したり、ブックマークやフォロー等する、及びメッセージを送信するなどの行為を、運営は分析し、その人により適切な情報を提供すべく活用します。

5. 連絡情報

運営や加盟店への連絡内容及び発信元等の情報を、その連絡への応答や確認等に、運営と加盟店は活用します。また、これらの情報を、運営と加盟店は共同で活用することがあります。

6. 金銭物品等授受及び「リワード付与」・「リワード」利用情報

RSP内での金銭や物品等の授受及び「リワード付与(店舗等が消費者等へ特典を付与する申出等)」や「リワード(リワード付与等により付与される、 特定又は全てのRSP加盟店での支払等に利用可能な(利用には制限がある場合もある)、RSP内での電子マネー)」の利用に関する情報を、 その場所や使用した決済に関する情報及び支払請求配送連絡等の情報を含め収集し、支払や請求等に活用します。

7. 使用端末等情報

アプリをインストールしている端末に関する情報やRSPを閲覧しているブラウザ等のソフト及びその端末に関する情報、及びそれらの使用環境(ネットワークや位置に関する情報等)を収集し、 運営はいかなる環境でもより良いサービスを提供できるように活用します。

8. 操作情報

RSP内(アプリ内ブラウザを含みます)での操作や画面遷移及びアクセス先に関する記録等を、運営は記録したり分析したりし、より良いサービスの提供や、特典の付与などに活用します。

9. 第三者が提供する情報

第三者が提供したある個人に関する情報を受け取った場合、これを運営は収集することがあり、運営はこれを活用することがありますが、当該情報提供元の第三者を除き、 その個人の許可無くその個人が特定できる形で、加盟店を含め外部に提供することはありません。

10. 外部への情報提供

RSPに関する支払督促や不正の防止及び取締や排除、裁判所等の命令等による場合は、運営は収集した情報を、その目的や命令等の範囲で、外部に提示する場合があります。

11. 限定責任

運営は、自らの責めに帰すべき事由がある場合を除いて、情報の漏洩や改竄等について、何らの責任を負うものではありません。

【反社会的勢力に関する条項(表明保証条項)】

1. RSPをご利用の方それぞれ(以下、「利用者」と言います)は、現在及び将来において、次の事項について表明し保証します。

(1) ①暴力団、②暴力団員、③暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、④暴力団準構成員、⑤暴力団関係企業、⑥総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、⑦その他前記①乃至⑥に準ずる者(以下これらを「暴力団等」という。)ではないこと
(2) 暴力団等が経営を支配していると認められる関係を有しないこと
(3) 暴力団等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有しないこと
(4) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団等を利用していると認められる関係を有しないこと
(5) 暴力団等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有しないこと
(6) 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有しないこと

2. 利用者(利用者が法人の場合は利用者の役員や従業員を含む)は、次の各号に該当する行為を行わないことを表明し保証します。

(1) 自らまたは第三者を利用して、RSP及び運営や加盟店に対して、詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為
(2) RSP及び運営や加盟店に対して、自らが暴力団等である旨を伝え、または関係団体もしくは関係者が暴力団等である旨を伝える行為

【利用規約】

RSPに、アプリやブラウザ等その方法を問わずアクセスした場合(特に指定された限定的なアクセスを除く(以下同様))、本利用規約(以下、「本規約」と言います)に同意したことになります。

1. 適正な利用

利用者は、【RSPの原則】をよく理解し、その原則に則ってRSPを適正に利用いただく必要があります。不正な利用については、積極的に運営に通報をお願い致します。不正な利用者に直接そのことを伝えると、 トラブル等に巻き込まれたり、嫌な思いをするかもしれませんので、不正な利用者には連絡せず是非とも運営へご通報ください。なお、利用者の行動により、利用者自身又は第三者に何らかの被害が生じた場合は、 運営側は責任を負うものではありません。RSPの使用や使用によるトラブルについては、運営の責めに帰すべき事由がある場合を除き、自己責任となります。

2. プライバシー

RSPでは、【RSPで収集・活用される情報のポリシー】にある通り、利用者の色々な情報が収集・活用されます。利用者が、収集された情報の活用を停止したい場合、運営はそれに協力しますが、 情報の種類等によっては、完全に停止することが難しい場合があります。2次利用等された投稿内容や統計化されたデータがそれにあたりますが、これらに限りません。

3. アカウントの管理

利用者はRSPを一部又は全部利用するために、アカウント登録をする必要があります。利用者は、アカウントの管理に十分な注意を払う必要があります。注意を怠った場合、利用者の不利益となることがあり、 その不利益を運営は一切補償等致しかねます。特に以下のような点に注意を払う必要がありますが、必要な注意は全般的なもので、これらに限られません。 (1) アカウントへのログイン そのアカウントで行われたことは、そのアカウントの登録情報が示す利用者が行ったこととみなされます。他人があなたのアカウントでログインできることのないように、 アカウントへのログインに必要な情報や端末等を管理しましょう。
(2) パスワード パスワードは、絶対に他人に教えないようにしましょう。また、他のサービス等と同じパスワードをRSPで使用することは、著しくセキュリティを損ないます。RSPでは、 他のサービス等で使用していないパスワードを使用しましょう。
(3) ひとりにひとつだけのアカウント 利用者は、個人用のアカウントをひとつだけ持つことが許されています。停止されたアカウントを含め、利用者が複数の個人用のアカウントを持つことは禁止されています。 また、ひとつのアカウントを複数人で利用することも禁止されています。
(4) 譲渡不可 利用者が、RSPのアカウントやそのアカウントのリワード付与やリワードを譲渡したり、担保等に供することはできません。但し、相続等に関して、運営の定める方法により認められる場合もあります。
(5) 正確で最新の登録情報 利用者は、登録情報を常に正確で最新にしておく必要があります。これを怠った場合、そのアカウントの利用者が確認できなくなる又は他人にその利用者の情報が漏洩する等の原因となり、 また、恒久的にRSPが全く利用できなくなる可能性があります。
(6) アカウントの終了(退会) 利用者は、所定の手続き(アプリ内などの「お問合せ」から退会要望の連絡を送信し運営が退会手続を完了すること)により、アカウントを終了(退会)することができます。 終了の際、有効なリワード付与やリワードがあった場合、それらは利用できなくなりますので、ご注意ください。

4. 推奨環境

本サイトでは、より安全で快適にご利用いただくために下記のOS、ブラウザを推奨しております。
PCブラウザ版
[OS]
Windows 8.1以降、Mac OS X 10.5以降
[ブラウザ]
Safari 最新版
Google Chrome 最新版
Microsoft Edge 最新版(Windowsのみ)
Internet Explorer 11(Windowsのみ)

スマートフォンブラウザ版
[OS]
iOS9以降 、Android4.4以降
[ブラウザ]
各OSで標準搭載されているブラウザ
Google Chrome
※標準搭載ブラウザではご利用いただけない場合があります。 その場合はGoogle Chromeをご利用ください。

※推奨環境は、OSとブラウザ両方の条件を含んだ環境となります。
※端末の設定、一部のブラウザでは、正常に表示されない、または意図しない表示となる場合がございます。

5. 反社会的勢力と無関係であることの保証

利用者は、反社会的勢力やそれに準ずるものではないこと、及びそれらの維持運営に協力せず交流もせず、将来においても一切関係を持たないことを保証するため、 【反社会的勢力に関する条項(表明保証条項)】に同意する必要があります。

6. 未成年者

未成年者は、保護者の許可を得て、RSPの利用を開始してください。リワードを使用する際は、毎回、保護者の許可を得る必要があります。 運営は未成年者に不適切なコンテンツを表示しないよう努力しますが、完全なものではないことをご理解の上、保護者は被保護者にRSPの利用開始を許可してください。

7. 利用料金

RSP自体は、一部を除いて無料で提供されていますが、RSPの利用やアカウント認証・確認に必要な携帯電話端末等や各種端末、通信機器及び通信等に必要な費用は、利用者にご負担いただきます。

8. 安定稼動

RSP(リワード付与やリワードを含みますがこれらに限りません)を利用できる(できた)こと又はできない(できなかった)こと及びネットワークやセキュリティ上の問題等により発生したことについて、 運営は、利用者及び第三者等に対して何らの補償等も致しかねますが、RSPが安定稼動するよう合理的現実的な努力を致します。 また、運営は自らの判断でRSP及び関連するサービス等を、何らの告知等なしに、一時的又は恒久的に、一部又は全部を停止や終了等する場合がありますが、予め告知等するための、合理的現実的な努力を致します。
なお、運営が許可していない方法でのアクセスや不正なプログラム等の送信は禁止されています。

9. ソフトウェア等の保護

RSPに関して提供されるソフトウェアやWebページについて、運営が明示的に許可している場合を除き、ソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、リバースエンジニアリング等を行ってはなりません。

10. リワード付与とリワード

利用者が、リワード付与を利用する等して受け取ったリワードには、有効期限等の利用に関する制限があります。例えば、有効期限を過ぎたリワードは失効し、利用できなくなります。
リワードにはいくつかの種類があり、その種類等により、制限や利用方法等に違いがあります。例えば、特定の加盟店のみで利用可能なリワードは、その特定の加盟店の判断、閉店、倒産等により、 何らの補償なしに、利用できなくなる可能性もあります。なお、リワード付与の利用からリワードを受け取るまでに、相当の期間が必要となる場合もあります。 また、定められた手順(例えば「会計時にRSPの画面を提示してリワードを受け取る」などがありますが、これに限りません)を守らない場合、リワードを受け取れない場合があります。
リワードを利用して決済等した後、何らかの理由でリワードを返還しなければならなくなった場合に、その決済に充当したリワードに不足が生じた時には、利用者は日本円で不足を補填する必要があります。

11. 自身のビジネスに関する投稿

利用者が、自身のビジネスに関する投稿をする場合には、そのビジネスの規模に係わらず、投稿する前に加盟店になる必要があります。

12. 本規約等の改定

運営は、本規約やその他の規定等を改定することがあり、その場合、利用者に直接関係するものについては、利用者等に適切な周知を行います。 周知後に、利用者がRSPにアクセスした場合、その利用者は改定を承認したものとします。

13. 運営の譲渡等

合併・買収・売却などにより、RSPに関する運営の権利義務は、第三者に移転することがあります。

14. 合意管轄

RSPに関する訴訟又は法的手続等の申立は、RSP利用の開始前も利用中も終了後も、運営の本店所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

【法人取引に関する共通規約】

1. 秘密保持

運営と締結済の秘密保持契約書の内容を、あなたやあなたの従業員は良く理解し、遵守するようお願い致します。

2. 個人情報保護

RSPを利用した業務上で知り得た個人情報を、RSPに関する業務処理以外に使用してはなりません。個人情報は大切に保護する必要があり、漏洩等を防ぐための適正な取扱を定め、徹底する必要があります。

3. 運営からの連絡の確認

運営からの連絡が来ていないか、少なくとも1営業日に1回は、メール等のチェックをお願い致します。

4. RSPで入手した情報の使用の制限

RSPだけから入手した情報は、運営が書面で許可した場合を除き、RSP以外で使用してはいけません。RSPの利用を終了した場合、これらの情報は返却する必要があります。

5. RSPにおけるあなたとの取引条件

運営が公開しているものを除き、RSPにおける取引条件は、RSP利用の開始前も利用中も終了後も、第三者に開示や提供及び漏洩してはなりません。

6. 法令や業界ガイドラインの遵守

オファー設定の際、あなたやあなたの店舗が関係する法令や業界ガイドラインを、あなたが責任を持って遵守してください。

7. RSP機能の適正な利用

RSP機能を活用することで、あなたは消費者と交流することができます。但し、一方的な広告宣伝を送信してはいけません。 例えば、メッセージ機能は利用者同士の交流のための機能ですし、ヒトコトはその投稿に短いコメントをするための機能です。広告宣伝を送信してはいけません。

8. 投稿内容の転載引用の禁止

RSP内の利用者が投稿(投稿、ヒトコト、メッセージ等ですがこれらに限られません)等したデータは、運営の書面による許可なしには、転載や引用等の利用は不可です。

9. 権利義務の譲渡等の禁止

RSPに関する権利や地位を、第三者に移転したり、譲渡したり、担保等に供することはできません。

10. 即時解除・解約

あなたやあなたの店舗が以下の状態となった場合、運営はあなたのRSPに関する地位を、即時に取り消す場合があります。 RSPに関する地位が取消された場合、あなたは一切の債務について当然に期限の利益を失い、運営の請求に応ずるものとします。この場合、あなたは運営に対して、損害賠償請求を行うことはできません。
(1) 支払い停止・不渡り処分
(2) 営業停止・営業許可取り消し
(3) 営業譲渡・合併
(4) 仮差押え・仮処分・強制執行
(5) 破産手続き開始申立て・民事再生手続き開始申立て・会社更生手続開始申立て
(6) 解散決議・清算
(7) 労働争議・災害・不可抗力による営業困難
(8) 本規約等への違反
(9) その他の信義則違反

11. 紛争解決

あなたが第三者や運営に損害を与えた場合、あなたはそれを賠償するよう求められる可能性があります。 また、あなたの与えた損害であるにもかかわらず、RSPに関する活動であった等の理由で、損害を受けた人が、運営に損害賠償請求をしてくる可能性もあります。
これらの損害賠償請求が発生した場合、あなたは、第三者からの運営への損害賠償請求も含めて、自己の費用と責任で、損害を賠償する責任を負います。 もし、第三者からの運営への損害賠償請求について、運営に対応費用が発生した場合、その費用もあなたが支払う必要があります。

【注意事項】

RSPを利用するにあたって、全ての利用者は以下に同意いただく必要があります。
(1) 運営は、RSPに関する権利や義務等の一部又は全部を、第三者に貸与、提供、譲渡や委託等する場合があります。
(2) 運営は自らの判断で、本規約等を変更、追加、削除等する場合があります。
(3) 本規約等を遵守しない投稿やメッセージ送信等は、その一部又は全部が停止又は削除されることがあります。
(4) 本規約等を遵守しない利用者は、何らの催告なしに、一時的又は恒久的に、RSPを利用した金銭物品等授受及びリワード付与やリワードを含むRSPの利用やその他の一切のRSPに関する権利が、 一部又は全部停止されることがあります。またその場合、利用者は一切の債務について当然に期限の利益を失い、運営や加盟店の請求に応ずるものとします。
(5) 不可抗力(天災地変、戦争、内乱、クーデター、経済的混乱等ですがこれらに限られません)により、運営は、RSPのサービス内容の一部又は全部を、変更又は停止する場合がありますが、 何らの責任を負うものではありません。
(6) RSPの利用に関する停止や変更等について、利用者は運営や加盟店に対して、損害賠償請求を行うことはできません。


以上